北見の菓子處 大丸の公式ページです。当店の代表的なお菓子「ほっちゃれ」の紹介や季節のお菓子、職人の想いなどをご覧ください。

大丸の「ほっちゃれ」

  • HOME »
  • 大丸の「ほっちゃれ」

ほっちゃれ

大丸の「ほっちゃれ」
 

 

「ほっちゃれ」とは・・・

 

北海道の方言で、産卵を終えた鮭のこと。

川で生まれた鮭は、4年から5年間海で過ごし、その後自分の生まれた川に一日平均14kmの速さで遡上。
産卵場所に達するとメス鮭は尾びれで長さ1m、幅・深さ50cmの穴を掘り産卵。
その後、砂や小石で覆う。
産卵中一夫一婦の番(つがい)で行動するオス鮭が産卵と同時に受精します。

当店のほっちゃれは、方言の面白さと子孫繁栄、命をまっとうすることの喜びを込めて名づけました。

小麦粉と卵でふっくら焼き上げた皮の中に、小豆餡をバランス良く包み、隠し味にしょうゆ・みりん・酒を使用。
まごころ込めてお作り致しました。
 

Copyright © 株式会社 菓子處大丸 All Rights Reserved.